ペットの健康をトータルでサポート

眼科専門外来

  • HOME »
  • 眼科専門外来

 

eyegairai

いつまでも愛するペットから 愛らしいまなざしで見つめてほしいものです。
動物医療が大きく変わってきた中pht01で、動物眼科の世界も大きく躍進してきました。
中央の極一部でしか行われていなかった眼科の詳しい検査や白内障や緑内障の手術が、地方でも行える時代となりました。
人間の眼科病院の院長先生が「30年前、人の世界に白内障手術が普及し始めた頃のようだ」と言われ、気持ち新たに動物眼科診療の普及に頑張っていきたいと思っています。貴方のワンちゃん、ネコちゃんの視覚を守ってあげられるのは、貴方の素早く、正しい判断力しかありません。何故なら一度光を失ったら取り返すのは困難だから。
このページでは当院の眼科診療の検査設備の紹介と診療の流れを紹介いたします。

 

01

眼科診察室

当院では光量を調整できる眼科専門の診察室で眼科診療を行っております。

 

 

 

02

画像ファイリングシステム

画像診断データーをファイリングすることにより、即座に画像で説明し、治療経過の説明や治療方針の検討に役立っています。

 

 

 

               据え置きタイプ

03角膜や水晶体・硝子体などを立体的に観察できます。動物の協力の度合いと状況により、手持ちと卓上型とを使い分けております。

 

 

 

04

眼底カメラ(手持ち)

このカメラでは眼底の血管の様子や網膜の状態などを観察できます。

 

 

 

05

眼圧計

緑内障やぶどう膜炎の検査に欠かせない検査です。トノペンとトノベットを使い分けしています。

 

 

 

 

06

網膜電図測定

光に対する網膜の反応を調べ、網膜の細胞の機能を評価します。白内障の手術前や視覚障害などの時に調べます。軽い麻酔、鎮静が必要な子もいます。

 

 

 

      超音波エコーによる画像診断

07臓器の検査と同じように目の中を超音波で調べます。網膜剥離や白内障の手術前の検査に用いています。

 

 

 

 

 

眼科診察の流れ

nagarezu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※眼科診療は予約制になります。あらかじめご予約の上ご来院ください。

お問い合わせは、お電話でどうぞ。 TEL 0986-24-1655 (平日)AM 8:30~11:30 PM 15:00~17:30(午後1時~3時までは手術時間ないし予約診療になりますので、急患の方はお電話してご来院ください) (土曜日)AM 8:30~11:.3
0 PM 13:00~15:00 (日・祝日)急患の方はお電話してご来院ください Copyright (C)2002-2007 さがら動物病院 All rights reserved.

PAGETOP
Copyright © さがら動物病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.